生命の樹カウンセラー・啓子(Keiko)の公式ブログ

別れた彼(彼女)への執着を手放すには

2018/10/10
 
別れた彼への執着を手放す
この記事を書いている人 - WRITER -
啓子
生命の樹カウンセラー。宇宙と意識と本人が繫るお手伝いをしています。潜在意識、宇宙の法則、引き寄せの法則、受け取りの法則、自由になれる生き方を自らの体験からお伝えしています。ねことワインが大好き。

「復縁を願う限り復縁は叶わない」
という記事を書きました。

執着を手放す!

それは分かるけど
一体どうやって、

別れた彼(彼女)への執着を
どう開放していったらいいのか?

そんな疑問もあるかと思います。

別れた彼(彼女)への執着

それは

とても厄介

とても一筋縄ではいきません。

当たり前のことです。

だって

好きだったし、

もっと出来ることあったし、

あの時ああしてなければ、、、

など、

いろいろ想いはあると思います。

忘れられなくて当然です。

それなのに、無理に忘れてようとすると
さらに「執着」を呼んでしまいます。

「忘れなきゃいけない」

「忘れない」

と自分で宣言しているようなものです。

潜在意識さんは何でも叶えてしまいます。

あなたの忠犬ハチ公ですから。

なので忘れられない現実を創ってしまいます。

じゃ、一体どうすればいいかと言うと、、、

まず、

①「忘れなきゃならない」を止めます。

そして、

②気の済むまでやる

忘れられない、未練が残るのだから
できることは気の済むまでやればいいと思います。

連絡とってみたり
復縁する作戦を実行してみたり

考えられることをとことんやってみます。

これは更に嫌われる可能性は高いですが。。。

でも、思いつくことをやってみましょう。

次に、

③別れた彼(彼女)と付き合うメリット、デメリットを考えてみる

紙に書き出しましょう。

思いつく限り書いていきます。
何日かかっても構いません。

メリット、デメリットを探すことに集中しましょう。

④将来、パートナーシップにおいて、感じたい感情を考えてみる

安心する
わくわくする
優しい気持ちになる
楽しい気持ち

理想のお付き合いで感じたい感情を、なんでもいいので書き出します。

この時は、「誰」という限定はしないでください。

顔ナシで想像してみます。

この作業は妄想の世界ですが、
潜在意識に届いていきます。

あなたの状態が「無い」から「在る」に変わっていくのです。

すると、「在る」状態
「愛される」状態の現実になっていきます。

愛し愛されている状態を感じることで、
自分のセルフイメージが変化していきます。

⑤愛し愛される自分は、どんな状態で在るのか?を考えてみる

そういう自分ってどんな魅力を持っているだろうか考えます。

・好きなことに打ち込んでいる輝いている自分
・周りの人に優しく接している自分
・堂々としている自分
・自信に満ち溢れている自分
・お友達から慕われている自分
・頼りにされている自分
・仕事に意欲的に取り組んでいる自分
・笑顔が美しい自分
・満ち足りている自分

などなど、想像してみましょう。

⑥⑤の自分になっていることに集中する

愛し愛される価値のある自分になっていることに集中しましょう。

うじうじしてしまったり、
誰かの幸せを妬んでしまったり、
仕事に集中できなかったり、
周りに当たってしまったりしたら、

「あ、違った、違った」と
遊び感覚で演技するつもりで
理想の自分を演じてみます。

ここまでくると、
自分のことに集中することができていると思います。

すると、あなたは自然に執着を手放していることでしょう。

そして、
新しい恋が生まれているかもしれないし、
元彼(彼女)から見直されているかもしれません。

人生は自分が中心です。

あなたの思考があなたの世界に顕れています。

あなたが良い状態でいること、
それが一番大事な事です。

自分の世界で起こる様々なことを
楽しみながら生きてみると世界が変わってきます。

元彼(彼女)が居なくても
登場人物が変わるだけ。

何も怖れることはありません。

騙されたと思って
実験してみてくださいね~^^

大事なことは
それぞれ集中して行うことと(余計なことは考えない)
紙に書き出すことです。

この記事を書いている人 - WRITER -
啓子
生命の樹カウンセラー。宇宙と意識と本人が繫るお手伝いをしています。潜在意識、宇宙の法則、引き寄せの法則、受け取りの法則、自由になれる生き方を自らの体験からお伝えしています。ねことワインが大好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 自分道をススモウ! , 2017 All Rights Reserved.