生命の樹カウンセラー・啓子(Keiko)の公式ブログ

初めて新型コロナウィルスWについてシェアします〜河野大臣と井上正康先生の見解

 
この記事を書いている人 - WRITER -
啓子
生命の樹カウンセラー。宇宙と意識と本人が繫るお手伝いをしています。潜在意識、宇宙の法則、引き寄せの法則、受け取りの法則、自由になれる生き方を自らの体験からお伝えしています。ねことワインが大好き。
「マトモな科学的説明もなしに同調圧で反強制的に接種させている安全性不明の自己責任的Wを『インフルエンザ以下の低リスクである季節性風邪ウイルスに対して接種する必要が本当に有るか否か』を再考して頂き、国民に対して公僕としての責任を果たすこと』を強く要望する。
 
上記は、健康科学研究所 所長であり、大阪市立大学医学部 名誉教授・医師である井上 正康先生が発表されていることです。
 
私は今までコロナWについて公の場での発言は避けてきました。
なぜなら、私自身が科学的知識がないからです。
 
ただ直感や自分の常識の中で、W接種や国やマスコミ、W接種が半強制的に行われ、接種すれば安心という人々に対して疑問は感じてきました。
 
でもだからと言って、W反対派がたくさん出している説も、何が真実なのか、科学的知識がない私には全く理解が出来ないし、この話を人に流すことの責任も持てないと思っていました。
 
なので、毎日のようにたくさん送られてくるW反対派の主張も、私はシェアすることなくスルーしてきました。
 
ですが、今回の井上先生のお話は、全く科学的知識がない私でも、私の常識の範囲内で納得のいくものでした。
 
私はスピリチュアルな人間なので、アン◯◯サク◯◯とか、ロスCとか、宇宙人の話は大好きですし、自分なりに調べてはいますが、そういったことではなく、
 
・そもそも新型コロナウィルスの正体が分からない
・それに対するWも安全性が確立されていない得体の知れないもの
・インフルエンザより死亡率が低いウィルスに対して対して得体の知れないWを接種する必要があるのか
 
とずっと思ってきました。
 
これからご紹介するブログの記事は、
 
新型コロナウィルスはどういったものなのか?
W接種を勧める根拠は何なのか?
安全性についてどのような考え方に基づいているのか?
 
について「W反対派デマ」に対する河野大臣の見解と、それに対する井上先生の見解を紹介しています。
 
この文は長いですが、この考えや論理をぜひご一読していただき、ご自身で考える機会をそれぞれが持っていただきたいと思いシェアいたします。
 
文責は井上先生にあると自ら書かれております。
 
****ここから****
 
【河野大臣のWブログデマを解剖する:Q&井上A: 6/30】
河野大臣に対する井上正康大阪市大名誉教授の回答です。松田学さんのブログのシェアです。
 
<河野大臣>
新型コロナウイルス感染症のWに関するデマが流布されるようになってきました。そもそも何故、Wに関する正しくない情報が飛び交うのでしょうか?
→<井上先生>
Wは健常者を対象に接種するものなので、通常の病人に投与する薬以上に、安全性が強く要求される。しかし、これまで、「行政は十分な安全性情報を出さず、逆に有害事象を隠す様な対応が多いため」に基本的な信頼を失っている。これが行政側の非科学的ゴリ押しに対して様々な疑惑を誘発する根深い温床となっている。
特に今回の「遺伝子W」 は、『試験段階にある遺伝子実験薬であり、有効性や安全性情報は世界的に2023年4月に明らかにされる人類初の大規模人体実験』である。
健康人に接種するWに関しては、丁寧な科学的説明が不可欠であり、W担当大臣がこのような事実を隠して『全て安全試験などは問題なく進められており、接種反対理由の大半はデマである』とブログで公言したことは、今後の大きな法的問題に発展するであろう。
<河野大臣>
EUの対外行動庁(EUの外務省にあたる)が4月に公表した報告書によれば、中国やロシアがファイザーやモデルナのmRNA・Wの信頼性を傷つけるような情報発信をソーシャルメディアなどを使って複数の言語で行っています。また、Wに関する偽情報やデマを監視している団体によると、TwitterとFacebookにあるW関連のそういった誤った情報の65%はわずか12の個人と団体が引き起こしていることが確認されています。中には医師免許を持っているにもかかわらずデマを流す人もいます。
→<井上先生>
最新の情報で「スパイク自体が血栓を産生させる毒蛋白であること(米国ソーク研究所報告)」及び、「スパイクがコロナの感染受容体ACE2に結合すると血管の細胞が破壊されて血栓が生じたり出血すること(循環器研究トップ医学誌Circulation Research)」が判明した。
遺伝子Wは「体内で産生させたスパイクに対して免疫応答反応を誘起する仕組み」である。
これは「スパイク自体が血栓症を誘起すると同時に、スパイクを産生する細胞が免疫系に攻撃されて自己免疫疾患を誘起する可能性」を示唆する。
特に細胞の核DNAに直接組み込まれる「DNA・W」で起こる可能性が高く、北欧の国々がアストラゼネカ製W使用を中止して8,000万回分が行き場を失い、日本に割り当てられたものが台湾へ寄贈された。
日米英の遺伝子工学技術力には差が無く、日本製も英国製も同じリスクを有する。
<河野大臣>
Wデマを流す目的は、1)Wを批判して自分の出版物やオリジナル商品に注目を引き寄せてお金を稼ぐ、2)科学よりも自分の信奉するイデオロギーに基づいて主張する、3)過去に誤った発言をしたために抜け出せなくなっている、4)自分に注目を集めたい、ということが大きいと言われています。
→<井上先生>
数百名の医師や医療従事者集団が厚労省に対して「W接種中止願い」を提出したが、その中には商業目的で署名している者は見られない。
因みに、私は「執筆料を寄付して低定価にして無利益の著者割価格で『本当は怖くない新型コロナウイルス』をTVしか観ないお年寄りや市民に正しい科学情報」として届けている。本書を出版以来、今日までに「記載内容を訂正すべき科学的誤情報は1箇所もない。少なくとも私の著書や動画配信の内容は「全て科学論文などの1次情報」に基づいたものである。
<河野大臣>
日本で流布されるデマは、当初、海外で発信され、しばらくして日本にたどり着いたものが多くなっています。今回のコロナWに関する具体的なデマをいくつか挙げてみると、「W接種された実験用のネズミが2年で全て死んだ」実験用のネズミの寿命がそもそも2年程度ですから、Wを接種した人間が100年で全て死んだといっているのに等しいことになります。その後、「W接種された実験用のネコが全て死亡した」というデマに替わってきていますが、ヒトに関する研究の前段階としての動物実験でネコは一般的に使われません。現に、ファイザー社のワクチンの研究でネコが使用されたことはありません。
→<井上先生>
厚生労働省が開示している「ファイザー社内資料」では、「ネズミでのW実験は、⓪mRNA・W用のナノ粒子に①蛍光標識分子や②放射性標識物質を添加してネズミに静脈注射し、その体内動体を経時的に解析した結果、異物を処理する肝臓や脾臓に大量に集積すると同時に、時間と共に確実に卵巣に集積していく事実(測定時間内で投与量の約0.1%)」が記載されている。
今回のDNA・Wに関する内部資料には猫の試験は見られないが、コロナウイルスの感染実験では古くより猫やフェレット(イタチやミンク)が汎用されており、昨年秋にベルギーで感染したミンクが大量殺処分された。
出血性腹膜炎を起こす猫コロナウイル感染症ではW接種によるADE(抗体依存性感染増強)で猫が死亡することは周知の事実である。
このような実験経験から獣医学では「コロナウイルスに対するW開発は無理」と考えられてきた。
<河野大臣>
「W接種により不妊が起きる」:コロナWに限らず、どんなWに関しても流されるデマの一つです。これまでのWで不妊が起きたことはありません。今回のコロナWでも「不妊が起きるという科学的な根拠」は全くありません。アメリカで行われた3958人の妊婦を対象とした研究で、流産、早産、先天奇形が起こりやすいことはないと確認されています。
→<井上先生>
前記「ファイザー社内資料」にも「遺伝子Wのナノ粒子が時間と共に卵巣に集積する事実(測定期間内で投与量の0.1%)」が明記されている。異物のスパイク蛋白やそれを有する細胞が免疫的標的になることが遺伝子Wの作用機構である。
最新情報で「スパイク自体が血栓を形成したり血管内皮細胞を障害して出血させる毒」であることが明らかにされた。
これらの情報を知らされれば、マトモな医学教育を受けた全ての医師が「血栓症や不妊症の可能性を危惧し、『インフルエンザ以下の低リスクコロナ感染症に対して遺伝子Wを接種する暴挙』は皆無になるであろう。
河野大臣が言及したWの安全性は「妊婦への影響を短期間観察した結果であり、不妊への影響観察とは無関係である。「妊娠への影響解析には数年以上必要であり、最短でも2023年4月までは誰も解らない」のが医学的事実である。
<河野大臣>
ファイザー社の元Vice Presidentのマイケル・イードンという人が、「胎盤を形成するシンシチン-1という蛋白とスパイク蛋白が似ているため、スパイク蛋白の抗体がシンシチン-1も攻撃してしまう」と主張しているが、実際には抗体が反応するために大切なアミノ酸の配列は似ているところが少なく、そのような反応が起きたことは確認されていません。
→<井上先生>
シンシチン-1は太古のレトロウイルス由来の巨大膜タンパク質であり、進化の過程でこれが胎盤に組み込まれて哺乳類が誕生した。
コロナRNAウイルスのスパイク蛋白は分子量180万KD(キロダルトン)で、1,600個近いアミノ酸をネックレスのように繋げた巨大分子である。免疫的には「約6個のアミノ酸で1ヶ所の抗原認識(抗体結合)部位を形成可能であり、スパイク蛋白には数十箇所以上の抗体結合部位が存在する。このために、両者の類似構造部位が交差免疫反応すれば、自己免疫的不利益が生じる可能性は否定できない。
この現象も長期間観察しなければ結果は判らず、現時点では誰も影響を断言できない。
<河野大臣>
「卵巣にコロナWの成分が大量に蓄積する」Wの成分が体内でどう拡散するかを調べるために、放射性同位体を付加したWをネズミに接種したところ、総放射能回収率は肝臓で最も高く(18%)、脾臓で1%以下、副腎で0.11%以下、卵巣では0.095%以下であり、肝臓と比較して著しく低くなり、ピークも48時間でした。
ごく微量が単に卵巣に一時的に分布したということであり、蓄積というのは明らかな誤りです。
→<井上先生>
厚生労働省に提示された「ファイザー社の社内資料」では、蛍光標識試薬又は放射性標識試薬でラベルしたナノ粒子をネズミに静脈内投与し、その体内動体を経時的に解析した。その結果、肝臓や脾臓に多く集積すると同時に、「時間と共に卵巣にも確実に集積(測定時間内で約0.1%)する事」が記載されている。
卵巣組織にとって投与量の0.1%はごく微量ではなく、特に安定化修飾されたmRNAは微量でも大量のスパイクタンパク質を産生可能である。卵巣でスパイク蛋白が産生されると自己免疫反応が起こる可能性は医学的に十分予想可能である。
したがって、これを「ごく微量で問題ない」と判断できる科学的根拠は存在しない。
<河野大臣>
「W接種で遺伝子が組み換えられる」mRNA・Wが遺伝子に組み込まれる可能性はありません。ヒトの遺伝情報はDNAの形で細胞の核内に保存されており、mRNAは細胞の核に入ることができません。もしmRNAが細胞核に入ってもRNAをDNAに変換できず、それをヒトのDNAに組み込むこともできません。
→<井上先生>
今回の遺伝子WにはDNA・WとmRNA・Wの二種類があり、後者のみに言及する事はアンフェアで不適切である。
日本では両者が問題となり、特にアストラゼネカ製DNA・Wは人の細胞核内に直接組み込まれた後に、mRNAを介してスパイク蛋白を合成する。
細胞核のDNAから産生されるmRNAは蛋白合成後に速やかに分解される。
しかし、今回のmRNA・Wは通常のmRNAと異なり、「塩基(AGCU)のウラシル(U)がメチル化修飾された長寿命型」であり、細胞内に極めて長期間留まる。
RNAはレトロウイルスの逆転写酵素によりDNAに変換されて核DNAに組み込まれうる。
この事実から、無症候性のレトロウイルス感染者ではWのmRNAも核内に組み込まれる可能性が否定できない。
現在ではエイズ患者も目立たなくなり、世界的に不顕性感染化している事実に注意すべきである。
何億人もの人間に接種される遺伝子Wでは、これらの事実も視野に入れて安全性を俯瞰的に評価する必要があり、それがW担当大臣の重要な義務である。
<河野大臣>
「治験が終わっていないので安全性が確認されていない」mRNA・Wは、基礎研究、動物実験、治験が省略されることなく実施され、リスクを上回る臨床的に意味のある有効性が確認されています。その上で、いつまで効果が持続するかという「長期の有効性確認のための治験」が継続して行われています。
→<井上先生>
これは大臣の曲解であり、「公人のデマ」として後日大きな問題に発展するであろう。
パンデミックのドサクサに緊急的かつ限定的にテスト使用されているだけであり、「臨床的有効性やリスクが科学的に判明するのは早くても2023年4月以降であること」が明記されている。「遺伝子ワクチンの長期的安全性は不明である」が医学的常識である。
<河野大臣>
mRNAは半日から数日で分解され、Wにより作られるスパイク蛋白も約2週間以内でほとんどがなくなります。
→<井上先生>
ヒトの代謝能力は年齢や人種により個人差も大きく、今回の化学修飾された長時間持続型mRNAが多様な被検者の体内でどの程度作用し続けるかを確認したデータはない。
→松田注:これはファイザー社の内部文書では「長期に存在し続ける」となっているので間違いと理解してよろしいでしょうか。長期に存在し続けるということであれば、それ自体が毒であるスパイク蛋白を作り続けることになるという理解になるかと思います。
→<井上先生>その通りです。長期間~短期間は相対的な数値であり、血栓症によるリスクは短期間でも起こりえる。自己免疫的な反応が生じれば、その細胞は死亡して排除され、その細胞が担っていた機能が失われる可能性が示唆される。
<河野大臣>
mRNA・Wが遺伝子に組み込まれることはありません。
→<井上先生>
「新型コロナウイルスのRNA遺伝子がヒト細胞の核内に発見された論文」が既に報告されている。
「DNA→mRNA→タンパク質合成」という古いセントラルドグマの知識で遺伝子Wの作用や影響を議論することは極めて危険である。「初めて人体に接種される実験的試薬では何が起こるか不明であり、極めて慎重に対応することが不可欠」と考えることが医学の基本である。
<河野大臣>
mRNA・Wでもアナフィラキシーが起きることがありますが、症状が出るのは接種してから2日以内に限られます。
→<井上先生>
これは完全に誤りである。筋肉は第2の心臓と呼ばれ、左側肩筋肉内に投与されたWの大部分は30分前後でリンパ系から左側頸静脈を介して全身循環系へ移行し、「細網内皮系と呼ばれる肝臓、肺、脾臓、リンパ節、及び全身の血管組織」に取り込まれる。Wが全身循環系に到達した直後(投与後約30分)にアナフィラキシーショックが見られるのはそのためである。
井上は約30年前にポリエチレングリコール(PEG)修飾酵素の開発研究でその生体内代謝解析を経験している。ファイザー社製DNA・Wでは脂質ナノ粒子表面にPEGを結合させており、その部位の化学構造がアナフィラキシーショックを誘発する可能性が高い。
<河野大臣>
これまでのWでも、ほとんどの副反応が6~8週間以内に起きることが知られています。
以上のことから、コロナWの長期的な安全性について特段の不安があるということはありません。
→<井上先生>
今回の遺伝子Wは、これまでのWとは原理も性質も根本的に異なるため、副反応の発症期間や安全性に関する旧型Wの経験は参考程度に過ぎず、新基準の安全性管理が不可欠である。
<河野大臣>
Wや過去の感染により作られる抗体がウイルス感染を増強する「ADE(抗体依存性増強現象)」が起きる可能性。デング熱WやSARS・Wでこのようなことが起きたことがあります。しかし、ファイザー社とモデルナ社のmRNA・Wでは、高い中和作用がある抗体とバランスのよいリンパ球の動きが確認され、動物実験でもADEは観察されず、大規模な治験においてもADEの報告はないことから、新型コロナWに関してADEの可能性は考えにくいとされています。
→<井上先生>
これは誤りである。SARS-COV2と呼ばれる新型コロナウイルスは遺伝的にもSARSウイルスと相同性が極めて高く、分子論的には多くの共通性がある。
SARSではWでADEが起こることから、その開発が凍結された歴史的事実がある。
ADEの発症機序に関しては、今なお不明な点が多く、「高い中和作用がある抗体とバランスのよいリンパ球の動きが確認された」と言及しているが、その意味する内容は不明である。
「大規模な治験においてもADEの報告はない」とのことであるが、「現在進行中の世界的大量接種行為こそが『大規模治験』そのものであり、その結果は最速でも2023年4月までは不明」である。
国民の血税で半世紀以上も医学研究をさせて頂いた医学者として、W担当大臣に「マトモな科学的説明もなしに同調圧で反強制的に接種させている安全性不明の自己責任的Wを『インフルエンザ以下の低リスクである季節性風邪ウイルスに対して接種する必要が本当に有るか否か』を再考して頂き、国民に対して公僕としての責任を果たすこと』を強く要望する。
人災被害を拡大した挙句に国民の死屍を築く愚を犯してはならない。(文責・井上正康)
この記事を書いている人 - WRITER -
啓子
生命の樹カウンセラー。宇宙と意識と本人が繫るお手伝いをしています。潜在意識、宇宙の法則、引き寄せの法則、受け取りの法則、自由になれる生き方を自らの体験からお伝えしています。ねことワインが大好き。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 自分道をススモウ! , 2021 All Rights Reserved.